麗しの島として知られた台湾

台湾とは日本と同じアジア圏内の国であり、その歴史についてはあまり知られていないことがおおい特徴がある。そこで台湾という国を理解するために、その歴史の流れなどについて説明していくことになる。

台湾という国が最初に発見されたのは大航海時代と呼ばれるころであり、16世紀半ばごろにある外国人によって発見されている。しかし発見された当時は台湾という呼び名ではなく、綺麗な島と呼ばれていた。

本格的に名前がついたのは17世紀初めごろであり、先住民が来客者をターヤンと呼んでいたと歴史書に記録がある。このターヤンという言葉が訛って、島の名前として台湾という言葉が誕生していく形となっている。

また当時の多くの者はこの国を領土や植民地程度の考えでしか見ていなかったため、全国での知名度もあまり高い国ではなかったとされている。

台湾という土地や領土は、過去に何度か他の国の権力者によって支配されているという歴史がある。一番最初に目をつけたのがオランダであり、対外貿易の拠点としてこの国を占拠していったとされている。

当時の先住民の意識では領土という意識は持っていなかったが、自由に暮らせる土地であるという考えはもっていたとされている。

そこで急にオランダが上陸して、武力行使による半強制的な方法で国の領土や地域を占拠していったとされている。

そして植民地としたことにより、先住民に対してあらゆる物にたいして税金をかけてお金などを徴収していったとされている。これと同時にスペインによる占拠や侵略も行われたが、わずが数十年後にオランダによって阻止されている。

時が進んで戦後になると、台湾は多くの外国と親密な関係を持ち始めるようになり1つの国として発展していく形となる。

植民地時代からの影響により日本とのつながりが強かったとされているが、ここであえて他の国と有効な関係を持つことを始めている。

特にアメリカと親密な関係になることにより、経済に関しては高度成長期を遂げる結果にも発展していった。さらに2つの国の間でネットワークも誕生を始め、そこで電子産業が育ったり国際的とも呼べるメーカーも設立される結果となっていった。

文化の浸透として中国文化を中心に学び始めており、他の国の習慣なども積極的に取り入れを行っていた。文化的には多くの国の特徴や習慣などを取り入れているが、それに比例して台湾独自の文化も今現在でも多数存在しており急成長中の国でもある。